【Webライター初心者向け】仕事の始め方を解説!収入を得るためのコツは?

webライター初心者の仕事の始め方

「Webライターとして仕事を始めたい…」と考えていても、初心者となると何から行えば良いのかと不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。

また、最近では在宅ワークを導入する会社も増えて、副業としてWebライターを始める方も増えていますが、本業があったとしても全く稼げないというのは避けたいですよね。

そこでこの記事では、Webライター初心者の方に向けて、Webライターの始め方や収入を得るためのコツを紹介します。ぜひ参考にしてください!

この記事がオススメな方
  1. 自分がWebライター初心者で何をすれば良いかわからず困っている方
  2. Webライター初心者が収入を得るためのコツを知りたい方
  3. Webライターの仕事に興味がある方

Webライター初心者の仕事始め方は?

Webライターを始めよう!と決めたら何から行えば良いのでしょうか。

ここからは、Webライターとして経験がない、または経験が浅いという初心者の方に向けて仕事の始め方を紹介していきます。

手順は以下になります。一つずつみていきましょう。

  1. クラウドソーシングのサイトに登録する
  2. 初心者OKの案件に応募する
  3. 件数をこなし、実績を作る
  4. 実績をもとにさらに高い単価の仕事に応募する

1.クラウドソーシングのサイトに登録する

blog執筆中の画像3

クラウドソーシングのサイトとは、オンライン上で仕事発注するクライアントと受注者のマッチングを行い、契約から実際の業務、納品・検収、報酬の支払いまでを一括して行えるサービスを運営しているところです。

まずは、このサイトに受注者として登録をしましょう。

代表的なクラウドソーシングのサイトはクラウドワークスランサーズがあります。どちらも人気のサイトで多くの仕事発注者が登録をしています。

登録を行えば、掲載されている案件を見たり、応募することができるようになりますよ!

クラウドソーシングのサイトに登録して仕事を受注しましょう。

2.初心者OKの案件に応募する

登録をしたら、続いてクラウドソーシングのサイトで仕事を受注しましょう。まずは初心者OK、歓迎の案件を探して応募します。

ここで一つ注意したいのが、webライター初心者の場合にはクライアント側からのスカウトや依頼はほとんど来ません。スカウトの声がかかるのは実績のあるライターになります。

うちの柴犬

発注側の立場になると、実績がない人に発注するのは怖いよね。

初心者の方は確実に仕事を受注するために、サイト上で自分で案件を探して、応募する作業を行いましょう。

はじめの方は0.5円~1円の案件がおすすめ

単価が高い案件でも「初心者歓迎」としているケースはたくさんありますが、はじめのうちは一般的な文字単価の0.5円~1円の案件にチャレンジすることをおすすめします。

一つの募集案件に対して、多くのライターが応募をしています。そのため、はじめから文字単価3円以上の高単価の記事への応募だと、他の実績のあるライターに埋もれてなかなか採用してもらえないことも…。

また、高単価というだけあって調査量が多かったり、普段触れることのない難しいテーマの記事ということもあるので、採用されたとしても想像以上に工数がかかり、結果として作業量と報酬が見合わないということもあります。

まずは挑戦しやすい一般的な単価の案件から着実にこなしていくのがおすすめです。

3.件数をこなし、実績を作る

blog執筆中の画像1

案件の件数をこなして実績をしっかりと作っていきましょう。

対応した案件はクラウドソーシングのサイトのプロフィールにも表示されるので、仕事発注するクライアントの目にも触れます

実績を積んでいくほど「この人は仕事をしっかりこなしてくれるんだな」ということが伝わり、応募した案件の採用率が上がったり、場合によってはクライアント側からスカウトをしてくれるケースもあります。

うちの柴犬

判断材料が少ないからね!

また、執筆した記事が公開されたら、クラウドソーシングのサイト内以外でも自己PRに使えます。ポートフォリオを作成して実績を残しておきましょう。

4.実績をもとにさらに高い単価の仕事に応募する

ある程度実績ができたら、文字単価1円以上の案件にチャレンジしていきましょう。1円の案件が完了したら1.5円、その次は2円と徐々に単価を上げていく方法がおすすめです。

ただし、文字単価が上がると、その分求められるクオリティも上がってくるので、募集要項の内容はしっかりと確認してから応募するように注意してください。

高単価の募集要項でよく見受けられる内容としては、以下の条件があります。

  • SEOに関する知識がある
  • WordPressでの作業ができる

検索結果で上位化するためにも、SEOに関する知識が必須で求められることは多くあります。

うちの柴犬

SEOを意識した記事を書けるのは、必須条件ともいえるよね!

また、募集案件の中には、記事の単価ではなく、Wordpressへの入稿作業を含めた金額となっている場合があります。

WordPressとはブログやコンテンツを管理するソフトウェアのことをいいます。

多くのメディアや企業のサイトはWordpressを使って記事を管理しているので、知見があるとクライアントにも評価されやすいです。

高い単価の仕事にチャレンジするためにも、SEOやWordpressに関して知識をつけておくとより活躍ができそうです。

Webライター初心者が収入を得るためのコツ

ここまで、Webライター初心者の仕事の始め方について紹介してきました。

Webライター初心者の場合は、0.5円~1円の文字単価からチャレンジし、実績を増やして徐々に高単価の案件を目指していくと良いでしょう。

しかし、高単価の案件にはその分で高いクオリティが求められます。

そんな高単価の案件を受注できるように、ここからはWebライター初心者が収入を得るためのコツを紹介します。

  1. SEOに関する知識を身につける
  2. WordPressを使えるようになる
  3. 高単価になるように交渉をする

1.SEOに関する知識を身につける

高単価案件の募集要項にもよく記載されているSEOに関する知識。

Webライター初心者の方の中には「そもそもSEOが何かわからない」という方もいるかもしれません。SEOについて解説します。

SEOとは、検索エンジン最適化と呼ばれる手法で、Webサイトの内容を検索エンジンがわかりやすいように作成することです。

ユーザーが検索をしたときに、自分が作成したWebサイトの内容がきちんと届くように対策をすることです。

SEO対策をすることによって、作成したWebサイトが検索結果の上位に表示されるようになり、多くのユーザーに情報を届けることができます。

うちの柴犬

検索結果の上位に表示されないと、そもそも見られないからね!

広告を出稿しなくてもユーザーが記事を見に来てくれるので、コスパも良く、多くのメディアや企業が使用している手法です。

SEO対策の基本は、検索をするユーザーのニーズをしっかりと分析し、回答するコンテンツを作ることです。

ニーズの分析方法は、すでに上位表示されている記事を見たり、一緒に検索されている関連キーワードを見るなどさまざまな方法があります。

また、ただニーズへの回答を詰め込むだけではなく、読みやすい文章で記事を作ることも大切です。

SEOの知識や、読みやすい記事を執筆する方法には以下のやり方があります。

  1. 本を読んで勉強する
  2. Youtube動画で勉強する
  3. スクールに通う
  4. 実務経験を積む

SEOスキルも含めた、総合的なライティング力を上げるWebライティングの勉強方法については、下記の記事をチェックしてください!

webライティング勉強方法Webライティングの勉強方法は?効果的・効率的な4つのやり方を紹介

実践的なSEO知識を今すぐ身に着けたいならスクールがおすすめ

SEOの知識は本や動画などさまざまなものからも得られますが、実際のところ、実務経験をしてやり方を身につけることが多くあります。

さまざまな案件を引き受けていく中で、クライアントによっては丁寧なフィードバックを返してくれるところもありますが、基本的には教えてくれるというよりは修正点の依頼の方が多いでしょう。

うちの柴犬

クライアントも忙しいからね!

そこで、実践的なスキルを身に着けるのにおすすめなのが、ライティングのスクール。

なかでも、Writing Hacksは、動画を通してWebライティング全般を学べる講座でおすすめです。

SEOに関しては基礎講座で動画7本、実践講座で1本と詳しく解説されています。

writinghacksの紹介

ブログ運営で平均100万円以上の月収を稼いでいる沖ケイタさんや、現役のライター/ディレクターとして活躍されている講師の方が、Webライターとして活躍するために必要な執筆の基礎からしっかりと教えてくれます

77本の動画と無制限質問サポートつきで、追加料金なしの買い切り価格定価 69,800円(税込)です。

2.Wordpressを使えるようになる

blog執筆中の画像2

WordPressとは、ブログやコンテンツを管理するソフトウェアのことです。

多くのメディアや企業のサイトはWordpressを使って記事を管理しているので、高単価の案件では、原稿をWordpressに入稿する行程までを依頼されるケースが少なくありません。

WordPress入稿で使いこなせるようにすべき項目は、主に下記です。

  • 新規記事作成
  • 文字装飾
  • リンク作成
  • 引用・参照挿入
  • 画像設定・挿入
  • カテゴリ設定
  • タグ設定
  • メタディスクリプション設定

記事の入稿のみで募集しているケースもあるので、使えるようになって損はないでしょう。

WordPressを使えるようになるには、マニュアル付きで入稿依頼をしている案件にチャレンジしたり、自分でWordpressのブログサイトを運営して実践しながら慣れていきましょう。

WordPressを自分で運営する場合にはサーバーの契約と支払いが必要になります。

うちの柴犬

自分でブログを運営すると、いろいろ試せるから勉強になるよ!

3.高単価になるように交渉をする

Webライターとしてある程度実績を増やして、SEO知識やWordpressの使い方を身につけたら単価交渉もできるようになりましょう。

高単価の案件に応募するのも有力ですが、一般的な単価の案件でも長期の案件を引き受けていたら、ぜひ自ら交渉をしてみてはいかがでしょうか。交渉次第で単価が上がる可能性も。

もちろん、良い文章を書ける、上位表示ができるなど成果を出せることが前提となります。

成果を出せているのであれば、契約の更新のタイミングや、案件が一区切りした頃を見計らって提案してみるのも良いかもしれません。

Webライター初心者でも実績を積み、コツをつかめば収入を増やしていける!

Webライター初心者の方に向けて、仕事の始め方と収入を得るためのコツを紹介してきました。

まずは一般的な単価からはじめ、さらに高単価の案件をこなすためにSEOの知識やWordpressの使い方を身につけて収入を増やしていきましょう。

また、単価交渉ができるまでになれば、自身のWebライターとしての価値をより高めていけますよ!

Webライターの仕事はやり方次第で大きく成長できるので、今から始めようとしている方はこの記事を参考に、ぜひチャレンジしてみてください!

Webライター初心者から脱却する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です