旅行をしながら仕事は可能?希望を叶える3つの方法と11の仕事!

旅行しながら仕事をする方法はないの?

この記事ではそんな悩みを持つ方向けに、旅をしながら仕事をすることが可能かどうかお答えしていきます。

この記事がオススメな方
  1. 旅行に関する仕事を知りたい人
  2. 旅行を仕事にする方法を知りたい人
  3. 旅行しながら仕事をする方法があるか知りたい人

旅行しながら仕事をすることは可能

結論、旅行しながら仕事をすることは可能です。

ただ、旅行しながら仕事をするといっても方法は様々で、中には資格が必要なものもあります。

そして、旅行をしながら仕事をするという希望を叶える方法は大きく3つあります。

旅行業界の会社で働く

一番わかりやすいのは、旅行業界に属する会社で仕事をすることです。もしくは、旅行関連サービスに関わる仕事をすることです。具体的には下記のような仕事が該当します。

旅行業者

国内外のパッケージツアーや旅行の企画を行います。

企画を行うにあたって、現地の会社との打ち合わせ、時には添乗員として実際にツアーに参加するということもあるようです。

旅行代理店

旅行のパッケージツアーの販売を行う仕事です。

実際に旅行しながらというのは少し違いますが、旅行に関連した仕事です。

大手旅行代理店だと全国に支社があるので、出張や転勤があることも多いようです。

ツアーコンダクター

添乗員さん等と呼ばれることもありますが、パッケージ旅行やツアーに同行し、参加したお客様の案内や、当日の仕切りなどを行います。

仕事なので存分に観光を楽しむというのは難しいですが、実際に旅行に参加という点ではまさに旅行しながら仕事をする形になります。

キャビンアテンダント

フライトアテンダント、客室乗務員などと呼ばれるお仕事です。

飛行機に搭乗し、乗客の案内、到着までのサービスの対応などを行う仕事です。

こちらもあくまで仕事ではありますが、実際にいろいろな地方や国に移動するという点では、旅行しながら仕事しているという形になりそうです。

クルーズスタッフ

一般的にはクルーズ船と呼ばれる船に乗り、その中で仕事をします。

ただ、クルーズスタッフといっても様々な職種があり、船長、航海士、シェフ、バーテンダー、ウエイターなどがあります。

ここで紹介した仕事は基本的に資格や経験が求められることもありますが、他の仕事同様、転職サービスを利用することで実際に就くことができます。

リクナビネクストや、マイナビ転職であれば求人数も豊富なので、登録だけして探してみるのはいかがでしょうか。

もし、これらの仕事について詳細を知りたいのであれば、転職エージェントの利用をお勧めします。

転職エージェントは、専任のコンサルタントが登録者一人一人につき、希望に沿って求人を紹介してくれます。

転職エージェントは様々な業界での実績があるので、求人の紹介はもちろん、実際はどんな仕事をしているか、どんな人が求められているかなどを教えてくれるはずです。

大手であればリクルートエージェントDODA、20代の方であれば20代に特化したサービスを展開しているマイナビジョブ20’s マイナビジョブ20'sなどがおすすめです。

ですが、ここでご紹介した仕事は資格が必要であったり、転職をする必要があるといった点で少しリスクも大きいと思います。

ここからは少し視点を変えた働き方をご紹介します。

場所にとらわれない仕事をする

その方法が場所にとらわれない仕事をするということです。

一般的にフリーランス等と呼ばれる方が該当することが多いですが、具体的には下記のような仕事です。

ライター

ライターとは一般的に記事を書く人のことを指します。

その記事は本などの書籍はもちろん、WEB上に掲載される原稿も含まれます。

ライターの中でもトラベルライターというジャンルであれば、旅行に関連する内容を記事にしていくので、旅行することが記事を書くための仕事の1つになります。

また、そのほかの分野でも取材に行くことがあれば、現地に行くなかで上手く時間を取れれば観光する事も可能です。

他にもあるテーマに沿って記事を書いてほしいという要望を受けることもあります。

勿論調査は必要ですが、作業としてはPCとネット環境があれば記事を執筆する事は可能です。

ですので、どこか落ち着く所に移動して、その場所で仕事をする形を取れれば、旅行しながら仕事をするというのも可能です。

エンジニア

エンジニアといっても様々な分野がありますが、基本的には依頼主の要望に対してシステムの設計を行ったり、そのシステムを形にしたり、WEB上のサービスを利用できるように構築したりする仕事です。

もちろん、会議やセキュリティの都合上、社内で仕事をしないといけないケースも多いですが、基本的にはこちらもPCとネット環境があれば作業が可能です。

デザイナー

製品やポスター、WEBページなどをデザインする仕事です。

依頼者から要望に沿ってデザインを形にしていく仕事ですが、こちらもPCとネット環境があれば作業が可能である点は共通しています。

専門知識やセンスなどが必要になってくると言われることもありますが、需要も増えておりWEBのスクールやデザインを学ぶ為の教材もたくさん出ており、誰でも学ぶことが可能です。

動画クリエイター

最近特に需要が伸びてきている仕事とも言われていますが、映像を作る仕事です。

その映像はCMだったり、企業の商品紹介ページだったりと使われる場面も様々です。

ネットの利用者が増えて続けている中で、ユーザーの情報を得る手段がテレビなどからネットに移っていることが需要が伸びている要因の1つです。

そのネット上でテキストや画像だけでなく動画を交えて説明することでより伝えやすいという利点があります。

こちらも、PCとネット環境があれば作業をすることができます。

ブロガー

自分で記事などを書いてサイトを運営し、そのサイトの広告収入で生活をしていきます。

広告収入を得る方法としては、サイト内の広告枠がクリックされたらお金を貰える形式のものや、商品の紹介記事を書いて、その記事経由で購入が発生した場合に報酬を貰えるアフィリエイトと呼ばれるものがあります。

記事のネタをどうするか、サイトにどうやって集客するかなどの専門知識は必要ですが、働き方改革により副業を始める人も増えています。

こちらも共通して言えることは、基本的にPCとネット環境があれば作業をすることができます。

ここで紹介した仕事であれば、PCとネット環境さえあればどこでも仕事ができるので、旅行先で仕事をしながら観光を楽しむということが可能になります。

勿論、これらの仕事で継続して収入を得られることが前提ではあるので、それ相当の努力が必要です。

ただ、場所に縛れない分、毎日会社に行って仕事をする働き方よりかは、格段に旅行しながら仕事をする環境を叶えやすいといえます。

特にブログは初期費用も少なくて済むので誰でもすぐに始められるのがメリットです。

未経験者の場合収益をあげるには確かに時間はかかりますが、ネットで得た情報でも自分の努力次第で十分に稼げるようになると言われています。

これらの需要が伸びていることもあり、Blog Hacks(ブログハックス)のようなブログで稼ぐための方法やサービスを教材としてまとめているものもあるので、これらを基に効率よく知識をつけていく事も可能です。

旅行先で仕事をする

働き方は変わりますが、旅行先で現地の仕事をするという方法もあります。それがリゾートバイトです。

リゾートバイトとはリゾート地と呼ばれるに所に行き、そこで住み込みでするアルバイトになります。

その例としては、スキー場、温泉、海など旅行先としてよく行くような場所が働く場所となります。

利用するサービスにもよりますが、住み込みで働くにあたり、食費や光熱費、家賃などはかからないケースも多いようです。

ただ、あくまでアルバイトとしての契約になることが多い点は注意する必要があります。

実際にリゾートバイトに特化したサービスもあり、リゾバ.comアルファリゾートリゾートバイト.comなどのサービスから登録することで働くことができます。

こういったサービスを利用することでも、旅行しながら働く生活を叶えることができそうです。

まとめ

旅行をしながら働く生活をするには様々な方法があります。

一生に一度の人生ですので、できれば自分がやりたい仕事をしたり、自分がやりたいことをできるといいですよね。

会社に行って仕事をするのもいいですが、場所に捉われずに働くことができるスキルがあれば選択肢もそれだけ広がります

この記事がそういった可能性を広げるきっかけの1つになれたようであれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です